2019.5.18 05:00

イオ・ミン・ペイ氏、102歳で死去…世界文化賞の米建築家

イオ・ミン・ペイ氏、102歳で死去…世界文化賞の米建築家

 パリのルーブル美術館入り口の、ガラスの「ピラミッド」の設計などで知られ、「幾何学の魔術師」とも呼ばれる米国の世界的建築家、イオ・ミン・ペイ氏が16日(日本時間17日)、ニューヨークの自宅で死去した。102歳だった。家族が明らかにした。

 1917年4月、現在の中国・広州市生まれ。上海や香港で育ち、30年代に渡米しハーバード大で建築学修士号を取得、ニューヨークなどで高層建築の設計などを手掛けた。日本では、滋賀県甲賀市の「MIHO MUSEUM」を設計した。83年に建築界最高峰とされるプリツカー賞を、89年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した。