2019.5.18 14:48

清原翔、キンプリ永瀬を絶賛「人を巻き込む力がある」

清原翔、キンプリ永瀬を絶賛「人を巻き込む力がある」

映画「うちの執事が言うことには」の公開記念舞台あいさつに登壇した左から神尾楓珠、神宮寺勇太、永瀬廉、清原翔、優希美青、久万真路監督=東京・銀座

映画「うちの執事が言うことには」の公開記念舞台あいさつに登壇した左から神尾楓珠、神宮寺勇太、永瀬廉、清原翔、優希美青、久万真路監督=東京・銀座【拡大】

 King&Princeの永瀬廉(20)が18日、東京・銀座の丸の内TOEIで行われた初主演映画「うちの執事が言うことには」(久万真路監督)の公開記念舞台あいさつに登壇した。

 主人公の名家、烏丸家第27代当主を演じる永瀬は、執事役の俳優、清原翔(26)、キンプリの同僚で大学生の起業家を演じる神宮寺勇太(21)に加え、優希美青(20)、神尾楓珠(20)ら主要キャスト、共演犬、監督とともに舞台上へ。この日の模様は全国47都道府県の116劇場スクリーンに生中継された。

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインの兄を好演する清原から「永瀬さんは人を巻き込む力がある」、神宮寺からは「彼が現場に来ると華やぐ」とほめられた永瀬は満面の笑みを浮かべ、「ここの部分、ニュースのトップ見出しに!」と超ご機嫌だった。

 永瀬は「日本全国の方がこの映画を見て温かい気持ちになってくれればいいなと思います」と主役らしく最後はきっちり締めくくった。