2019.5.18 05:04(1/2ページ)

セブン-イレブン、食品ロス減らしへ実質値引き 消費期限迫ったおにぎりなど500品目

セブン-イレブン、食品ロス減らしへ実質値引き 消費期限迫ったおにぎりなど500品目

記者会見場に展示された商品棚の前に立つローソンの竹増貞信社長(中央)。消費期限の近い商品に「Another Choice」の表示をつけた=17日午後、東京・北品川の大崎ブライトコアホール(撮影・酒巻俊介)

記者会見場に展示された商品棚の前に立つローソンの竹増貞信社長(中央)。消費期限の近い商品に「Another Choice」の表示をつけた=17日午後、東京・北品川の大崎ブライトコアホール(撮影・酒巻俊介)【拡大】

 コンビニ最大手セブン-イレブン・ジャパンは17日、消費期限の近づいた食品の購入者に5%分のポイントを提供する還元策を、今秋から国内の全約2万店で始めると明らかにした。実質的な値引きで売れ残りを抑え食品廃棄を減らす狙い。ローソンも同様の還元策を6月から愛媛、沖縄両県で実験、全国展開も検討すると発表した。

 食品ロス削減はスーパーや外食が先行していたが、加盟店側の要望も受け、重い腰を上げた。

 セブンが対象とするのは、弁当やおにぎり、麺類、パンなど消費期限が数時間から数日先の商品を中心に約500品目。期限まで残り4~5時間になると、販売時に本部の負担で5%のポイントを付け、購入を促す。ポイントは電子マネー「nanaco」(ナナコ)に交換可能とする。

 期限切れの迫った商品を値下げする「見切り販売」に踏み切る加盟店は以前からあった。だが、セブン本部がブランド価値を損なうなどとして制限していた。公正取引委員会は2009年、独禁法違反(優越的地位の乱用)に当たるとして排除措置命令を出した。

 これを受け、セブンは消費期限の手前にある販売期限の1時間前から見切り販売を始めるなどの目安を示した。だが、実際にはほとんど認められないとの不満が店側から出ていた。

【続きを読む】