2019.5.17 16:15

野党が丸山氏の辞職勧告決議案を提出 与党に賛成呼び掛け

野党が丸山氏の辞職勧告決議案を提出 与党に賛成呼び掛け

 立憲民主など野党6党派は17日午後、北方領土を戦争で取り返すことの是非に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員の議員辞職勧告決議案を衆院に共同提出した。自民、公明両党には決議案へ賛成を呼び掛ける方針。両党は対応を協議する。決議案は丸山氏に対し「国会全体の権威と品位を著しく汚したという事実は拭いがたい」とした。

 衆院議院運営委員会の野党筆頭理事を務める立民の手塚仁雄氏は17日、議員辞職決議に関し「重たい決議で慎重に扱うべきだが、丸山氏の暴言は限度を超えている」と記者団に理由を説明した。

 提出に先立ち、手塚氏は与党筆頭理事である自民党の菅原一秀氏と国会内で会談し、決議案の共同提出に加わるよう要請した。菅原氏は決議案の件名や中身を変更するように求めて調整したが、折り合わなかった。