2019.5.17 13:16

岡村隆史、自身の発言でディレクター連行され「どういうつもりやねんコラァ!って」

岡村隆史、自身の発言でディレクター連行され「どういうつもりやねんコラァ!って」

岡村隆史

岡村隆史【拡大】

 お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史(48)が17日、ニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(金曜前1・0)に出演。自身の発言が原因でディレクターが連行され、“恫喝”された過去を明かした。

 大阪・読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.」(月~金曜後4・47)のコーナー「迷ってナンボ!」で10日に放送した内容が、不適切な企画だと物議を呼び、同コーナーを当面、休止する事態となった騒動に触れ、「一個なんか突く材料を見つけたら、もう一気に叩く時代に入ったんやな」とポツリ。

 「昔はね、神田さん(当時のディレクター)が謝りに行けばよかったのよ。胸ぐらつかまれて『お前どういうつもりやねん、コラァ!』って。ディレクターが胸ぐらつかまれて『すみません、本当に。申し訳ございません』って言って、後日謝りに行くことで事足りてん」と述べた上で「もう今やこっちが矢面に立って謝らなあかん時代に突入してもうてるんですよ」と現在では事情が異なってきていることを説明。

 昔はトラブルの発生から解決まで水面下で行われ、自分たちが知らないままだったといい「知らんまま『なんやねん、あいつ』って、ガッツリ放送で噛みついてやね。ほんなら知らんところで神田さんが連れて行かれて『てめぇ、この野郎。どういうつもりなんだコラァ!』みたいになって、とかね。ほんまにエライ事がいっぱいあったんですよ」と繰り返し、「今はもうアカンねん、だからもう。時代が変わってん」と実感を込めた。