2019.5.17 13:31

「いだてん」新キャスト発表 薬師丸ひろ子が大河初出演

「いだてん」新キャスト発表 薬師丸ひろ子が大河初出演

NHK大河ドラマ「いだてん」の新たな出演者が発表された。左から、塚本晋也、薬師丸ひろ子、リリー・フランキー、阿部サダヲ、桐谷健太、麻生久美子、加藤雅也=東京都渋谷区(撮影・寺河内美奈)

NHK大河ドラマ「いだてん」の新たな出演者が発表された。左から、塚本晋也、薬師丸ひろ子、リリー・フランキー、阿部サダヲ、桐谷健太、麻生久美子、加藤雅也=東京都渋谷区(撮影・寺河内美奈)【拡大】

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(日曜後8・0)の後半パートのキャストが17日、東京・渋谷の同局で発表され、歌手の薬師丸ひろ子(54)らが決まった。

 現在の主人公は歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)扮する日本人としてストックホルム大会で五輪に初出場した金栗四三で、第25回(6月30日放送予定)から主人公が俳優の阿部サダヲ(49)演じる新聞記者・田畑政治が主人公に交代。1964年の東京五輪招致に奔走する姿を描く。

 脚本を手掛ける宮藤官九郎(48)が担当した同局連続テレビ小説「あまちゃん」にも出演していた薬師丸は大河初出演で、田畑ら記者たちが通うバーのママで架空の人物・マリー役で登場。「阿部さんから(劇中で)さんざんな言われ方をしていてババア、ババアと呼ばれる。阿部さんが反感を買わないようにするにはどうしたらいいかと心配しましたが、(台本には)ババアと言われるゆえんがたくさんあります」と笑った。

 阿部の上司役のリリー・フランキー(55)は「よく薬師丸さんにそんなこと言えるなってことを言う。薬師丸さんのファンが怒ると思う」と予告して笑わせた。

 田畑の妻・菊枝役は女優の麻生久美子(40)、田畑の同僚役は俳優の桐谷健太(39)、犬養毅総理役は俳優の塩見三省(71)、田畑の同僚記者役はお笑いコンビ、シソンヌのじろう(40)、IOC委員は映画監督の塚本晋也氏(59)、IOC委員の外交官役は俳優の加藤雅也(56)が演じる。3月に死去した歌手で俳優の萩原健一さんは高橋是清役で出演し、同作が遺作となった。