2019.5.17 23:34

小学生2人ひき逃げの男逮捕 大丈夫と言われ「うのみにしてその場を離れた」

小学生2人ひき逃げの男逮捕 大丈夫と言われ「うのみにしてその場を離れた」

 17日午前7時10分ごろ、宮城県大崎市古川江合本町1丁目の市道交差点で、左折中の軽乗用車が横断していた登校中の小学3年の児童2人をはねて逃走した。2人は軽傷を負った。県警古川署は同日夜、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同市、会社員の男(45)を逮捕した。

 古川署によると、「衝突後、子どもたちに声を掛けたら『大丈夫』と言われ、うのみにしてその場を離れた」と容疑を認めている。勤務先で上司に事故を報告。ニュースで取り上げられていることに気付いた上司に促され、午後1時ごろ同署へ出頭したという。

 同署によると、女児(9)が右手打撲、男児(8)が右脚打撲のけが。現場の交差点に信号や横断歩道はなかったが、車の側に一時停止の標識があった。白っぽい車で、中年の男が運転していたとの目撃情報が寄せられていた。

 現場はJR古川駅の北約2キロ。2人は現場から西に約1キロ離れた小学校の児童。