2019.5.16 19:01

遺族への詐欺未遂罪で巡査を起訴 遺体の腐敗防止に「40万~50万円かかる」

遺族への詐欺未遂罪で巡査を起訴 遺体の腐敗防止に「40万~50万円かかる」

 さいたま地検は16日、病死した男性=当時(67)=の遺族に、死因の調査に費用がかかると偽り現金をだまし取ろうとしたなどとして、詐欺未遂と地方公務員法違反の罪で埼玉県警川越署刑事課の巡査(25)を起訴した。

 起訴状などによると今年3月、男性の姉に、遺体の腐敗防止に「40万~50万円かかる」などとうそを言い、現金を詐取しようとした。2月には、自身が検視などを担当した女性の遺族の個人情報を、知人男性に漏らしたとしている。