2019.5.15 05:02

ソン・シギョン、日本ドラマ初主題歌!野島伸司氏と初タッグ

ソン・シギョン、日本ドラマ初主題歌!野島伸司氏と初タッグ

日本ドラマで初めて主題歌を担当するシギョン。“鼓膜彼氏”の異名を取る歌声に注目だ

日本ドラマで初めて主題歌を担当するシギョン。“鼓膜彼氏”の異名を取る歌声に注目だ【拡大】

 日韓のヒットメーカーが初タッグ-。韓国の人気歌手、ソン・シギョン(40)が日本のドラマ主題歌を初めて担当することが14日、分かった。

 23日深夜0時から配信されるFOD連続ドラマ「百合だのかんだの」の主題歌「ハチミツ」で、同ドラマの脚本を務めた野島伸司氏(56)が作詞した。

 甘く切なくも力強さのある主題歌を求めていた野島氏が、1年前に出会ったシギョンの歌声を思い出し、彼しかいないとオファー。シギョンは「シークレットガーデン」「星から来たあなた」など韓国の視聴率30%超えドラマの主題歌を次々とヒットさせたことで知られ、心地よい歌声から“鼓膜彼氏”の異名を持つ。

 「ハチミツ」はテンポ感あふれるポップナンバー。野島氏は「ドラマのキーワードでもある、相手への深い思いや関係性を甘いハチミツに例えました」と明かし、「シギョンさんの歌声も相まって、さらに色濃く表せた」と力を込める。シギョンも「常に時代の最先端を敏感に描く野島さんらしいドラマなので、僕も今までと違った新たな曲に挑んでいます」と意気込んでいる。

 馬場ふみか(23)と小島藤子(25)がW主演する同ドラマは、偶然再会した女性2人が友情や親友という言葉だけではくくれない関係に発展し、やがてお互いを思い合う女性同士の献身的な姿を描いた物語。

  • 「百合だのかんだの」でラブシーンを演じる馬場(右)と小島。甘く切ない主題歌が物語を彩る
  • 野島伸司氏
  • ソン・シギョン
  • 「百合だのかんだの」