2019.5.14 21:30

山田洋次監督、京マチ子さんは「至高のマドンナ」 訃報に「悲しくてたまらない」

山田洋次監督、京マチ子さんは「至高のマドンナ」 訃報に「悲しくてたまらない」

 女優京マチ子さんの訃報に接し、1976年公開の映画「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」で京さんをマドンナ役に起用した山田洋次監督が14日、「至高のマドンナ。寅さん憧れの貴婦人として登場していただいた時の息をのむような美しさをまざまざと思い出す。その奇跡のような美しさと気品は晩年まで少しも変わらなかった」とのコメントを発表した。

 今年12月公開の最新作「男はつらいよ お帰り 寅さん」には京さんを含む歴代マドンナの旧作映像も使われている。山田監督は「必ず京さんに見ていただくつもりだったが、それが叶わなくなってしまった。悲しくてたまらない」と記した。