2019.5.9 18:58

中学の売店で偽札 生徒がカラーコピーで偽造か 福岡・大野城

中学の売店で偽札 生徒がカラーコピーで偽造か 福岡・大野城

 福岡県大野城市教育委員会は9日、市立中1校の売店で、カラーコピー機で偽造したとみられる1000円札2枚が売上金から見つかったと明らかにした。パンを売店で購入する教職員が少ないこともあり、市教委は生徒が偽造した可能性が高いとみている。相談を受けた県警春日署は通貨偽造・同行使の疑いで調べている。

 市教委によると、偽札は4月末に大野東中で見つかった。2枚とも紙幣番号は同一だが、画像が不鮮明。はさみなどで切って形を整えたとみられる。売店の80代女性店員が同月分のパン代金を一括集計した際、紙幣を並べていて「色が本物と違う」と気付いた。

 岩野展夫校長は記者会見で「例がないことで戸惑っている。事態の重大さを、子どもたちに伝えていく」と述べた。