2019.5.8 16:19

森山愛子「短いスカートで足がムズムズ」赤いワンピース姿でミニライブ

森山愛子「短いスカートで足がムズムズ」赤いワンピース姿でミニライブ

新曲「尾曳の渡し」のヒット祈願イベントを行った森山愛子

新曲「尾曳の渡し」のヒット祈願イベントを行った森山愛子【拡大】

 演歌歌手、森山愛子(34)が8日、東京・江東区の成田山深川不動堂でこの日発売の新曲「尾曳の渡し」のヒット祈願を行った。

 厳かな雰囲気の中、護摩祈祷(きとう)を受け、「34年間の中で一番緊張したくらい緊張しました。手汗でびちょびちょになりました」と苦笑いし、「ジッと(仏様)見てパワーを頂いたので日々ベストを尽くしたい。きょうはスタートですがゴールした気分。ヒットする気しかしない」と笑顔をみせた。

 その後は赤いワンピース姿で境内でミニライブを開催。「短いスカートで足がムズムズしますが、新曲の発売日ということで、ちょっとでも若い格好をしています」と笑わせ、新曲や配信含め8万セールスとヒット中の代表曲「会津追分」など4曲を熱唱した。

 令和最初のシングルとなったが、「新しい時代を迎えて森山愛子が生まれ変わるチャンスを頂いたと思っています。やっとつぼみから小さな花が咲かせられるんじゃないかという気がしました。絶対にヒットさせます!」とキッパリ。

 目標については「新曲は『会津追分』の5倍売り上げたい。目標は高く売ります。今年こそは有言実行で紅白歌合戦を目指して頑張りたい」と新時代での飛躍を誓った。