2019.5.6 04:00

BOOWY、31年ぶり“復活”!布袋新アルバムで高橋&松井とセッション

BOOWY、31年ぶり“復活”!布袋新アルバムで高橋&松井とセッション

31年ぶりのレコーディングでセッションする左から松井、高橋、布袋

31年ぶりのレコーディングでセッションする左から松井、高橋、布袋【拡大】

 ギタリスト、布袋寅泰(57)が29日発売の新アルバム「GUITARHYTHM VI」で、BOOWY時代の同僚だったドラムの高橋まこと(65)、ベースの松井常松(58)と31年ぶりにセッションしたことが5日、分かった。

 3人のコラボは1988年に東京ドームで開催されたBOOWYのラストライブ以来。布袋が拠点を置く英ロンドンで、6日から先行配信される収録曲「Thanks a Lot」を制作した。

 疾走感あふれる爽快なナンバーで、布袋はレコーディングを振り返り、「まこっちゃん(高橋)の大きなカウントから8ビートが走り出す。僕のギタースタイルの原点はここにある」と“なつかしさ”に感激。その高橋は「31年ぶりなのに『昨日からやっています』みたいな感覚」、松井も「過去にタイムスリップしたようでした」と3人ならではの“クールな仕上がり”に胸を張った。

 同アルバムにはソロユニット、Cornelius(50)とMAN WITH A MISSIONも参加している。

  • 左から布袋寅泰、高橋まこと、松井常松
  • 布袋寅泰「GUITARHYTHMVI」ジャケット写真(通常盤)
  • 新アルバムに参加したMANWITHAMISSIONと布袋寅泰