2019.5.3 04:00

令和はセクゾの時代!大先輩の東山紀之が太鼓判、嵐・櫻井翔も感激

令和はセクゾの時代!大先輩の東山紀之が太鼓判、嵐・櫻井翔も感激

特集:
囲み取材前に撮影に応じるSexy Zoneの(左から)菊池風磨、佐藤勝利、中島健人、マリウス葉=横浜アリーナ(撮影・矢島康弘)

囲み取材前に撮影に応じるSexy Zoneの(左から)菊池風磨、佐藤勝利、中島健人、マリウス葉=横浜アリーナ(撮影・矢島康弘)【拡大】

 人気グループ、Sexy Zoneが2日、全国ツアーの横浜アリーナ公演を開催した。

 9都市32公演で34万8000人を動員するグループ史上最大規模のツアー真っただ中。この日はジャニーズで令和初のコンサートとなった。

 中島健人(25)は「令和」と書いた色紙と一輪のバラを手にウインクし、「セクシーサンキュー!」と令和初の決めぜりふ。3月に少年隊、東山紀之(52)と初共演したフジテレビ系「砂の器」で天才作曲家を好演し、この日は東山が客席から見守る中、「Sexy Summerに雪が降る」で見事なピアノ演奏を披露した。

 菊池風磨(24)やマリウス葉(19)ら4人は最新曲「カラクリだらけのテンダネス」など34曲を歌い踊り、1万5000人を魅了。佐藤勝利(22)は「令和はトップを走り続けたい」と力強く誓った。

 終演後、東山は「令和は彼らの時代になると思うので応援したい」とエール。毎年セクゾのコンサートを見ている嵐の櫻井翔(37)も会場を訪れ、「横浜アリーナは嵐も育ててもらった場所。ここで後輩が公演している姿を見てうれしかった」と感激していた。

  • 囲み取材前に撮影に応じるSexy Zoneの(左から)菊池風磨、佐藤勝利、中島健人、マリウス葉=横浜アリーナ(撮影・矢島康弘)
  • 囲み取材前に撮影に応じるSexy Zoneの(左から)菊池風磨、佐藤勝利、中島健人、マリウス葉=横浜アリーナ(撮影・矢島康弘)