2019.5.3 04:00(1/2ページ)

HYDE、ソロ初ドラマ主題歌!同じ和歌山出身の溝端淳平とタッグ

HYDE、ソロ初ドラマ主題歌!同じ和歌山出身の溝端淳平とタッグ

ソロ初のドラマ主題歌に挑むHYDE(中央)。溝端(左)と瀧本との映像コラボにも注目だ

ソロ初のドラマ主題歌に挑むHYDE(中央)。溝端(左)と瀧本との映像コラボにも注目だ【拡大】

 ロックバンド、ラルク アン シエルのボーカル、HYDEが6月1日スタートのフジテレビ系「仮面同窓会」(土曜後11・40)で、ソロ初のドラマ主題歌を担当することが2日、分かった。同作は俳優、溝端淳平(29)が主演するサスペンスで、ライブで披露していた新曲「ANOTHER MOMENT」が起用された。令和に突入して新境地を開くHYDEは「光栄です」と胸を躍らせている。

 HYDEのライブで話題を集めている新曲が、連ドラ主題歌になる。

 「ANOTHER MOMENT」は、疾走感あふれるメロディアスなロックナンバー。6月19日のCD発売に先行し、3日から全世界配信されるソロアルバム「ANTI」の収録曲で、昨年のツアーで一足早く披露されていた。

 ドラマは、溝端演じる高校卒業後に故郷を離れた営業マンが転勤で地元に戻り、同窓会を機にかつての体罰教師殺人事件に巻き込まれるサスペンス。制作側は「切なくも前向きな意志を感じる一曲。最初に聞いたとき、これほどドラマの世界観とマッチする曲はないと、すぐにオファーさせていただきました」と起用理由を明かした。

 ソロの楽曲がドラマ主題歌に初めて起用されるHYDEは「自分でも気に入っている新曲をドラマに起用してもらえて光栄です」と感激。「ここじゃない、また別の瞬間にどこかで出会えるといいなという曲の世界観とドラマの雰囲気が合っていると思います」と相乗効果に期待を寄せた。

【続きを読む】