2019.5.2 12:01

宇治で八十八夜の茶摘み 京都、新茶シーズン到来

宇治で八十八夜の茶摘み 京都、新茶シーズン到来

「八十八夜茶摘みの集い」で新芽を摘み取る「宇治茶レディ」ら=京都府宇治市

「八十八夜茶摘みの集い」で新芽を摘み取る「宇治茶レディ」ら=京都府宇治市【拡大】

 立春から88日目に当たる2日、京都府宇治市で新茶シーズン到来を告げる「八十八夜茶摘みの集い」が開かれ、公募で選ばれた「宇治茶レディ」らが新芽を摘み取った。

 宇治茶レディは、かすりの着物に姉さんかぶり姿。丁寧に芽を摘んだ大阪府高槻市のピアノ講師橋口杏美さん(28)は「思ったより柔らかく驚いた。新しい時代になっても、伝統を守りつつお茶の魅力を伝えていきたい」と笑顔だった。

 宇治市は高級茶の産地として知られる。府茶業会議所によると、春先は気温の低い日が続いたが、暖冬の影響で新芽の生育は平年並みに落ち着いたという。

  • 「八十八夜茶摘みの集い」で新芽を摘み取る「宇治茶レディ」ら=京都府宇治市