2019.5.2 22:05

GACKT、億超えビジネスの真相告白 出発点は「世の中からCD無くなる」

GACKT、億超えビジネスの真相告白 出発点は「世の中からCD無くなる」

GACKT

GACKT【拡大】

 歌手、GACKT(45)が2日、フジテレビ系「直撃!シンソウ坂上SP」(後7・57)に出演。マレーシア・クアラルンプールの豪邸を公開するとともに、億超えの金額も扱う巨額ビジネスの実態を明かした。

 今年でソロデビュー20周年を迎えたGACKTは現在、日本を離れてマレーシアで生活。クアラルンプールの高級住宅街にある豪邸を直撃したMCの俳優、坂上忍(51)は「要塞(ようさい)みたい」とポツリ。600軒を内見して購入したという豪邸の総面積は1700平方メートル。プールやジムにバーカウンター、ポーカールームなどを備える豪邸に、坂上は「もう、いやになるわ」「なんじゃこれ」など感嘆の声が止まらなかった。

 仕事が入った時は1週間程度を日本で過ごし、それ以外はマレーシアにいるといい、移住先として選んだ理由を「(1)寒いのが苦手(2)乾燥が苦手(3)日本との時差が4時間以内(4)季候が良い(5)インフラが整っている(6)食事がおいしい」の条件をクリアできるのがクアラルンプール以外なかったからだとした。

 坂上が一番聞きたかったこととして「どのくらい稼いでいるの?」とぶつけると、「まず不動産はやってますし。(世界の)富裕層向けの物件を提供したりとか」と告白。 マレーシアで出会った実業家と4年前に共同出資で会社を設立し、不動産事業以外にも、マレーシアやアメリカの企業への出資など様々な事業投資を展開。不動産では1億4000万円の超高級物件から3000万円のタワーマンションまで扱っているといい、その内の一つである5つ星ホテル、リッツ・カールトンが運営する超高級マンションの様子も公開された。

 日本にいるときから不動産、飲食、カラオケ店の経営までしていたといい「日本はミュージシャンが他のビジネスやると、すごくむちゃくちゃ言われる」という理由からあえて公にはしていなかったと説明した。ビジネスに挑戦したきっかけについては「30歳になった時くらいに、音楽の形が変わると思った。世の中からCDが無くなると思ったんですよ。このまま音楽だけにもたれていくと、絶対にミュージシャンは生活できなくなるって如実に感じた」と背景を説明。自分の表現したいステージを続けていくために「とにかくお金を稼げる仕事をやらなきゃ、作らなきゃ」という思いからだったと明かした。