2019.5.2 17:00

ベッキーが子供たちにメッセージ「いろいろあった私だから言えることがある」

ベッキーが子供たちにメッセージ「いろいろあった私だから言えることがある」

特集:
ベッキー
初登場のベッキーが(左から)AIさん、じゃじゃじゃ、じゃ~ンとおしゃべり(C)フジテレビ

初登場のベッキーが(左から)AIさん、じゃじゃじゃ、じゃ~ンとおしゃべり(C)フジテレビ【拡大】

 昨年10月からスタートしたフジテレビの子供番組「じゃじゃじゃじゃ~ン!」(土曜前4・52、関東ローカル)。朝起きたら謎の生物になっていた2人の子供“じゃじゃじゃ”と“じゃ~ン”が、同じくロボットになってしまった人工知能の“AIさん”と旅をしながらさまざまなキャラクターと出会い成長し、元の姿を取り戻すまでの物語である。

 1990年代に話題となった「ウゴウゴ・ルーガ」以来、同局が制作する子供番組で、当時の立ち上げメンバーや気鋭の若手クリエイターが参加している。

 4日放送には、新婚のベッキー(35)が初出演。 得意の英語を話しながら登場すると、“じゃじゃじゃ”は思わず英語の先生と勘違い!? さらにAIさん(安田顕)と6年前に共演したことがあるというベッキーは当時を懐かしく振り返り「人生はいろいろあるよ」と一言。重ねて「いろいろと経験した私だから言えることがあると思う」と語り始める。果たして、どのような深いメッセージが込められているのだろうか。初コラボレーションに期待は高まる。

 収録後、「子供たちの純粋さとゲストで登場する大人のちょっとくすんだ相反する感じが面白い」と感想。自身を支えてきた言葉として、笑福亭鶴瓶師匠から言われたという「“これからは丁寧に生きなさい。そして人を大切にしなさい”が大きい」と真面目に語ったあと、見どころは「ひねくれた私との共演をお楽しみください」と最後はベッキーらしい笑顔で応えていた。

 FOD、TVerで配信。CSのフジテレビTWO(土曜前10・30)、BSフジ(月曜前7・27)でも放送されている。