2019.4.30 21:37

きゃりーぱみゅぱみゅが南座で歌舞伎と見事なコラボ

きゃりーぱみゅぱみゅが南座で歌舞伎と見事なコラボ

南座「京都ミライマツリ2019」で華麗に舞うきゃりーぱみゅぱみゅ

南座「京都ミライマツリ2019」で華麗に舞うきゃりーぱみゅぱみゅ【拡大】

 “伝統”と“革新”をテーマにした新時代の祭り「京都ミライマツリ2019」が30日、京都市東山区の南座で開幕し、歌手、きゃりーぱみゅぱみゅ(26)が歌舞伎とコラボした「きゃりーかぶきかぶき」を上演した。

 日本の伝統や歴史にゆかりのある場所でライブを行う「音ノ国ツアー」として、3月に島根県の出雲大社でライブ。今回はその第2弾だ。

 歌舞伎の人気舞踊「連獅子」をモチーフにした男性ダンサーに囲まれ、セリから上がったきゃりーは「にんじゃりばんばん」を歌い終えると、真っ赤な着物に一瞬でチェンジ。

 二幕目では客席後方から歌舞伎で実際に使われる「馬」に乗って登場。大ヒット曲に歌舞伎をモチーフにした振り付けがマッチし、南座をきゃりーワールドに彩った。

 平成最後の日に、日本最古の歴史を持つ劇場で歌舞伎とのコラボを表現したきゃりーは「出雲阿国に由来する場所でライブできることが本当に感慨深い」と笑顔。歌舞伎の所作指導を行った片岡愛之助(47)も「完璧。歌舞伎とのコラボ率の高さにも驚き、もっと見たかった!」と感心していた。