2019.4.28 20:10

みるきー、ライブ中に感極まる「幸せすぎる」

みるきー、ライブ中に感極まる「幸せすぎる」

初の全国ツアーの千秋楽を迎えた渡辺美優紀「(C)roundcell /AG_Nagatomo」

初の全国ツアーの千秋楽を迎えた渡辺美優紀「(C)roundcell /AG_Nagatomo」【拡大】

 元NMB48の渡辺美優紀(25)が28日、大阪・オリックス劇場で初の全国ツアー「17%」の千秋楽を迎えた。

 「大阪のみなさん! 会いたかった!! きょうは平成最後のライブです。盛り上がっていきましょう!!」と冒頭で呼びかけると、松浦亜弥(32)のヒット曲「桃色の片思い」のカバーなど、ダブルアンコールまで全20曲を歌いきった。

 NMB時代の卒業公演でも涙を流さなかったみるきーだったが、ライブ中には感極まる場面も見せた。終演後は囲み取材に応じ、「グループ時代は人と比べることが多くて、私にファンの方がいることが幸せと感じられなかった。今はゆとりを持てるようになって、ファンの方が私のために集まってくれて、幸せすぎると思います」と心境を明かした。

 また、4月3日に発売した初アルバム「17%」のリパッケージ版を7月10日に発売することも発表。新曲5曲が追加されるという。

 この日はHKT48の指原莉乃(26)の卒業コンサートが横浜スタジアムで開催されていたが、「偶然、ライブが重なってしまって、応援に行けなかったのは残念です。でも遠い大阪から成功するように祈っていました」と話した。