2019.4.24 05:01

また理不尽交通惨事…木更津で小3女児死亡、49歳容疑者「ボーッとしていた」

また理不尽交通惨事…木更津で小3女児死亡、49歳容疑者「ボーッとしていた」

女児2人がはねられた事故現場は見通しの良い直線道路

女児2人がはねられた事故現場は見通しの良い直線道路【拡大】

 23日午前7時15分ごろ、千葉県木更津市江川の県道交差点で、登校中の市立岩根小3年の女子児童2人が軽乗用車にはねられ、近くの安藤音織さん(8)が死亡し、もう1人の女児(8)が重傷を負った。県警は自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で、軽乗用車の自称アルバイト、高山登容疑者(49)=同市請西東=を現行犯逮捕した。

 県警によると、高山容疑者は片側2車線の県道の左車線を直進し、2人は左側から青信号の横断歩道を歩いていた。

 高山容疑者は「ボーッとしていて、信号を見ていなかった。ブレーキをかけたが間に合わなかった」と供述。横断歩道の手前に目立ったブレーキ痕はなく、県警は減速せずに赤信号を無視して2人に衝突した疑いがあるとみて、同法の過失致死傷容疑に切り替えて当時の状況を調べる。

 安藤さんの親族の男性は「かわいい子だった。元気に学校に向かったのに…」と声を震わせた。

  • 事故を起こした軽乗用車のボンネットは大きくひしゃげた