2019.4.23 05:03(1/2ページ)

スリランカ連続爆破テロ、死者290人…高級ホテルで食事中の邦人犠牲

スリランカ連続爆破テロ、死者290人…高級ホテルで食事中の邦人犠牲

21日、スリランカ西部ネゴンボで、爆発テロで被害を受けた教会の内部を見る人 (UPI=共同)

21日、スリランカ西部ネゴンボで、爆発テロで被害を受けた教会の内部を見る人 (UPI=共同)【拡大】

 日本外務省は22日、スリランカの連続爆破テロで日本人1人が死亡し、4人が負傷したことが確認されたと明らかにした。現地の警察当局者は計290人が死亡、500人以上が負傷したと説明した。スリランカは豊かな自然と古代都市などの世界遺産がある人気観光地であり、日本人旅行者も急増中。日本の旅行会社はツアー客の安否確認や、代替わりに伴う10連休中に予定しているツアーの対応などに追われている。

 日本政府関係者によると、死亡したのは現地在住の女性で高橋香さん。高橋さんのものとみられるフェイスブックへの投稿によると、2015年に日本からスリランカへ移住。コロンボで料理人をしているという夫、子供とホテルで食事中、テロに巻き込まれた。日本人の負傷者は4人で、高橋さんの夫と子供が含まれているもようだ。

 在スリランカ日本大使館は4人について「命に別条はない」と明らかにした。関係者によると、1人は現地の日本大使館員。別の1人はKDDI社員の矢島一巨さんで、出張中だった。

【続きを読む】

  • スリランカ西部ネゴンボで、爆破テロが起きた教会の内部=22日(ロイター)
  • 22日、スリランカ西部ネゴンボで、爆破テロの犠牲となった12歳の少女のひつぎの前で悲しむ親族ら(AP)