2019.4.23 05:04(1/2ページ)

浦田直也、無期限謹慎!空手道連盟は応援歌担当AAAと契約解除へ

浦田直也、無期限謹慎!空手道連盟は応援歌担当AAAと契約解除へ

無期限謹慎処分を受けた浦田。無期限の間に更生できるか

無期限謹慎処分を受けた浦田。無期限の間に更生できるか【拡大】

 面識のない女性への暴行容疑で逮捕された男女6人組、AAA(トリプル・エー)のリーダー、浦田直也(36)の保釈から一夜明けた22日、所属事務所のエイベックスは浦田を無期限謹慎処分に科すと発表した。浦田は釈放後の謝罪会見で当面の活動自粛を表明していたが、事件を重く受け止めた同社は期限を設けない重い処分に。全日本空手道連盟は公式応援歌を担当するAAAとの契約を解除する方針。影響は広がるばかりだ。

 謝罪会見で活動自粛を表明するも、期限については言及しなかった人気グループのリーダーに、重い処分が下された。

 「浦田直也に対し、無期限謹慎処分を科すことといたしました」

 この日午後7時半頃、エイベックスが公式サイトで発表。被害者、関係者に対して「多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪の言葉を重ねた。

 謹慎期間を無期限にしたのは、浦田を自ら犯した暴行事件と向き合わせるためで、少なくとも被害女性へ謝罪し、許しを得るまでは活動させないようだ。

 事件は19日午前5時頃に東京・中央区のコンビニで発生。来店した浦田が20代女性に声をかけて飲みに誘ったが、断られたため左頬を右手で1回平手打ち。さらに、逃げる女性を追いかけて蹴りつけたとし、暴行後に女性から通報を受けた警視庁月島署に逮捕された。

 浦田は21日午前に送検され、同日午後5時17分頃釈放。同8時に事務所で行った会見には、送検時の金髪を黒く染め、黒スーツ、黒縁めがねの“トリプルブラック”姿で臨み、謝罪した。浦田は活動自粛を表明したが、事件については酒に酔っていて「覚えていない」を連発。笑みを浮かべる場面もあり、エイベックスには応援する声以上に非難する意見が多く寄せられていた。

【続きを読む】