2019.4.23 16:48

ピエール瀧被告とAAA浦田との違いは「犯した罪の『質』」

ピエール瀧被告とAAA浦田との違いは「犯した罪の『質』」

 お笑いタレント、ぜんじろう(51)が23日、ツイッターを更新。面識のない女性への暴行容疑で逮捕された男女6人組、AAA(トリプル・エー)のリーダー、浦田直也(36)について言及した。

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたテクノユニット、電気グルーヴのメンバー、ピエール瀧被告(52)と比較し、「まず犯した罪の『質』が違います。僕は、直接的な被害者のいるAAAのケースのほうが遥かに重いと考えますので、『暴行くらいで騒ぎすぎ』とは思わないです」とつづった。

 事件は19日午前5時頃に東京・中央区のコンビニで発生。来店した浦田が20代女性に声をかけて飲みに誘ったが、断られたため左頬を右手で1回平手打ち。さらに、逃げる女性を追いかけて蹴りつけたとし、暴行後に女性から通報を受けた警視庁月島署に逮捕された。

 ぜんじろうは「ただ、AAAの他のメンバーが世間一般に対して謝罪しろ、とは僕は思いません(するのは自由ですが、誰になぜ謝罪しているのか?)。メンバーに罪はないです。ただ、チケットを買ったファンやグループとして契約を交わしている制作会社、スポンサー等にメンバーが『直接謝罪する』のはよく分かります」と持論を展開した。