2019.4.23 20:30

純烈が全国ツアー初日 昼夜公演に3000人

純烈が全国ツアー初日 昼夜公演に3000人

 4人組男性歌謡グループ、純烈が23日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで全国ツアーの初日を迎え、昼夜公演で3000人を楽しませた。

 5月15日に発売される軽快なラテン調の新曲「純烈のハッピーバースデー」を初披露。振り付けを担当したのはDA PUMPのTOMO(38)とU-YEAH(35)で、昼公演には2人がサプライズで登壇した。

 U-YEAHは一見、純烈の小田井涼平(48)と顔がそっくり。「実は(小田井の妻でタレント)LiLiCoさんにNHKですれ違った際、ご主人と間違えられたことがあるんです」と打ち明け、会場の笑いを誘った。

 新曲の振り付けポイントは、ピースサインをした人さし指と中指を折り曲げる「ハッピーチョキチョキダンス」。開演前に報道陣の取材に応じた際、女性トラブルで引退したメンバー、友井雄亮氏(39)にからめ「このダンスは何かを切ったという意味?」ときわどい質問も出た。

 それに対し、リーダーの酒井一圭(43)は「そう思ってもらってもいい。なんでもありの純烈ですから」と災い転じて福となすとばかりに、笑顔で切り返した。