2019.4.23 05:05(1/2ページ)

競泳・池江に続き…岡村孝子が急性白血病を衝撃発表、全国ツアー中止

競泳・池江に続き…岡村孝子が急性白血病を衝撃発表、全国ツアー中止

急性白血病と診断され、入院していることを公表した岡村孝子

急性白血病と診断され、入院していることを公表した岡村孝子【拡大】

 「夢をあきらめないで」「待つわ」などのヒットで知られるシンガー・ソングライター、岡村孝子(57)が22日、インスタグラムなどで、急性白血病と診断されたことを発表した。所属事務所によると、17日に体調不良を訴えて受診し、翌18日に緊急入院した。長期治療を受けることになった岡村は「また、皆さんとお会いできる日を信じて頑張ります」と前を向いている。6月からの全国ツアーは中止になったが、新アルバムは5月22日に予定通り発売。ファンは岡村が再びステージに立つ日を、あきらめないで待っている。

 競泳女子のエース、池江璃花子(18)に続き、歌で夢や勇気を与えてきた人気女性シンガーが白血病に襲われた。22日朝、岡村はインスタグラムに直筆のコメントを掲載。そこには衝撃的な文字が並んだ。

 「先日受けた検査によって『急性白血病』であることが分かりました」

 所属事務所によると、岡村は日頃から疲れやすい自覚症状があり、特に最近気になったため、17日に病院で精密検査を受けた。結果は予期せぬ急性白血病。翌18日に緊急入院し、長期の療養に入ることになった。退院時期などは未定。具体的な治療方法などは、まだ分からないとしている。

 岡村は当初ショックを受けていたというが、やがて前向きに病と闘う意志を示し、インスタグラムで「とても残念ですが、少し休養をさせて頂いて、今は治療に専念したいと思います」(原文ママ)と決意表明。「また、皆さんとお会いできる日を信じて頑張ります。どうか応援していて下さい」とつづった。

【続きを読む】

  • 岡村(左)は加藤晴子さんと結成した現役女子大生デュオ、あみんとしてデビュー。「待つわ」を大ヒットさせた=1982年11月21日撮影
  • 岡村孝子の中止になったツアー日程