2019.4.23 05:02

NGT山口卒業発表から一夜明け、指原莉乃が運営側に“怒り”の苦言

NGT山口卒業発表から一夜明け、指原莉乃が運営側に“怒り”の苦言

特集:
HKT48
指原莉乃

指原莉乃【拡大】

 昨年12月に受けた暴行被害の問題をめぐってNGT48の山口真帆(23)が卒業を発表してから一夜明けた22日、HKT48の指原莉乃(26)が運営側に苦言を呈した。

 山口は卒業発表した際、主張が食い違う運営会社の社長の発言に触れ、「会社を攻撃する加害者とまで言われている」などと訴えた。

 指原はツイッターでまずは山口に「信頼できる違う場所で輝けますように」と気遣いの言葉。ツイートの一部を見出しに取らないでほしいと報道各社に異例の“お願い”をした上で、運営側の対応について「本当だとしたら未成年の子供も預かっている会社としておかしい。大人数を預かっておいてその感覚の人とは思いたくない」と指摘。

 さらに「私も現社長とは一度しか会ったこともしゃべったこともなかったしコミュニケーション不足もあるのか、いま預けられている人の不安さ不信感がわかってないような。全体的に怖いしおかしい」と厳しい言葉を投げかけた。

 また、元NGT48キャプテンの北原里英(27)はこの日、インスタグラムの「ストーリー」を更新。この事態を憂うように、「わたしはあの日までもを否定したくないのです」と意味深コメントを書き込んだ。

  • 卒業を発表するNGT48の山口真帆=21日、新潟市中央区(C)AKS