2019.4.20 05:05(1/2ページ)

数万人に1人の奇跡!布施明、声帯ポリープ消えた 来月ツアーもOK

数万人に1人の奇跡!布施明、声帯ポリープ消えた 来月ツアーもOK

サンケイスポーツの直撃取材に「声帯ポリープが消えちゃった」と明かす布施。本来の張りも戻った声で、手術回避の喜びを語った=東京都内

サンケイスポーツの直撃取材に「声帯ポリープが消えちゃった」と明かす布施。本来の張りも戻った声で、手術回避の喜びを語った=東京都内【拡大】

 本人もびっくり、ポリープが消えた! 声帯ポリープを公表していた歌手、布施明(71)が19日、東京都内でサンケイスポーツの取材に応じ、主治医の診断書と声帯の写真とともに「奇跡的にポリープが消えたんです。数万人に1人、いるかいないからしいです!」と破顔一笑、打ち明けた。実は、この日が当初の手術予定日。張りのある本来の声も戻り、令和元年の来月にステージ復帰を果たす。

 「最初は仲間も誰も信じてくれなくて…」

 事務所社長で妻のタレント、森川由加里(56)と取材に応じた布施は、自身に起こった奇跡をサンケイスポーツに独占告白。「平成の最後に神様がプレゼントをくれた思いです」と目を細めた。

 この日は当初、都内の病院で内視鏡による声帯ポリープの除去手術を受ける予定日。術後はリハビリで2週間以上静養するはずだったが、奇跡は17日の術前診察で分かった。レントゲン写真を見ていた専門の主治医が首をかしげ、「あれ? ポリープが消えてます。年に1回、あるかないかの症例ですね」と告げた。

 多少の炎症はあるものの、ポリープ自体は消滅。手術も今後の治療も必要なしとなった。良性とはいえ、声帯は歌手の命で手術はしないに越したことはない。同席した森川は夫の完治に小躍りして喜んだという。

 そもそも声帯ポリープが発見されたのは今年2月。手術が必要と診断されるほど大きかったが、今月14日まで全国ツアーの予定が入っていた。そのため、声帯に負担のかからない発声法を指導されるとともに、血流を良くする投薬や携帯吸入器による薬剤投与を続けた結果が功を奏したとみられる。医師にも「歌っていて、ポリープが大きくなることはあっても小さくなることは聞いたことがない」と驚かれた。

【続きを読む】