2019.4.18 14:30

西村日向子さん「令和最初の音楽学校生として精進」 宝塚音楽学校入学式

西村日向子さん「令和最初の音楽学校生として精進」 宝塚音楽学校入学式

宝塚音楽学校107期生入学式

宝塚音楽学校107期生入学式【拡大】

 未来のタカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校の107期生入学式が18日、兵庫・宝塚市の同校で行われた。

 真新しいグレーの制服に身を包んだ新入生は、22・9倍の競争を突破した40人。主席入学で答辞を述べた関谷美咲さん=神奈川県出身=は「『清く正しく美しく』の教えを守り、立派な舞台人になるよう、限りない芸の道を精進することを、今ここにお誓いいたします」とあいさつした。本科生と対面し、校章をつけるセレモニーでは涙を見せる新入生の姿もあった。

 式後には成績上位4人が取材に応じ、関谷さんは憧れのタカラジェンヌに元月組トップ娘役・愛希(まなき)れいかを挙げ、「かれんさと力強さを兼ねそろえた娘役になりたい」と話した。

 107期生は令和元年の入学生となる。娘役志望の西村日向子さん=福岡県出身=は「令和の時代にも宝塚がより華やかな舞台になるよう、令和最初の音楽学校生として精進して参りたいと思います」と意気込みを語った。

 今後は2年間、歌やダンス、日本舞踊などの厳しいレッスンを受け、2021年春の初舞台を目指す。

  • 入学式で上級生に制服を整えてもらう集合写真撮影に臨む宝塚音楽学校の新入生=18日午前、兵庫県宝塚市(撮影・恵守乾)