2019.4.17 16:18

北島兄弟、2年連続紅白歌合戦出場を願って絵馬を奉納

北島兄弟、2年連続紅白歌合戦出場を願って絵馬を奉納

ヒット祈願の絵馬を手にガッツポーズの北島兄弟(左から大江裕、北山たけし)

ヒット祈願の絵馬を手にガッツポーズの北島兄弟(左から大江裕、北山たけし)【拡大】

 歌手、北山たけし(45)と大江裕(29)のデュオ、北島兄弟が17日、東京・浅草神社で第2弾シングル「兄弟連歌」のヒット祈願を行い、2年連続紅白歌合戦出場を願って「大ヒット!」と書いた絵馬を奉納した。

 その後、神楽殿に登場するとファンに拍手喝采で迎えられ、境内がコンサート会場と化した。同曲とデビュー曲「ブラザー」を熱唱した2人は「新曲は兄弟の絆を歌ったポップ演歌で、お子さんから大人まで聴きやすい歌です」とPRした。

 師匠の北島三郎(82)への思いについて北山は「名曲を歌い継いでいきますと言ったら、『俺はまだ現役だぞ』と怒られましたが、うれしそうでした」。大江も「お客さまに届く歌を歌って先生に恩返しがしたい」と誓った。