2019.4.17 11:53

GT-R発売50年で記念車日産、フェアレディZも

GT-R発売50年で記念車日産、フェアレディZも

  • 日産が発表した「フェアレディZ50周年記念車」(左)と「NISSANGT-R50周年記念車」=東京・中央区(撮影・寺河内美奈)
  • 1969年に発売された日産自動車の「スカイラインGT-R」=17日、東京・銀座
  • 日産が発表した「NISSANGT-R」の2020年モデル「NISSANGT-RNISMO」。横に立つ星野朝子専務執行役員(左)ら=17日午前、東京都中央区(撮影・寺河内美奈)
  • 日産が発表した「NISSANGT-R」の2020年モデル「NISSANGT-RNISMO」=東京・中央区(撮影・寺河内美奈)
  • 日産自動車「フェアレディZ」の発売50年記念車(手前)=17日午前、東京・銀座
  • 日産自動車「NISSANGT-R」(手前)と「フェアレディZ」の発売50年記念車=17日午前、東京・銀座

 日産自動車は17日、今年で発売から50年となるスポーツ車「NISSAN GT-R」と「フェアレディZ」の記念車の披露会を東京都内で開いた。2020年3月末までの期間限定で販売。ともに根強いファンがいる日産ブランドの象徴で、今後も進化させていく考えだ。

 GT-Rの記念車は6月に売り出す。ツートンカラーの外観が特徴で、3種類の配色を用意した。希望小売価格は1319万2200円から。フェアレディZの記念車は今夏に発売する予定だ。星野朝子専務執行役員は「日本が世界に誇れるスポーツカーだ」と強調した。

 GT-RとフェアレディZの初代モデルは、それぞれ1969年に発売された。00年代初頭に環境規制の強化などでいったん生産が終了したが、その後復活した。