2019.4.17 05:03(1/2ページ)

歴史が折れた…パリ世界遺産ノートルダム寺院炎上 屋根の溶接作業から出火か

歴史が折れた…パリ世界遺産ノートルダム寺院炎上 屋根の溶接作業から出火か

大規模な火災で建物のシンボルでもある尖塔が崩落するノートルダム寺院=パリ市内、AP

大規模な火災で建物のシンボルでもある尖塔が崩落するノートルダム寺院=パリ市内、AP【拡大】

 「花の都」の象徴が“焼失”した。パリ中心部にある世界遺産のノートルダム寺院(大聖堂)で15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)頃、高層部から出火、屋根が炎上する大火災となり、高さ約90メートルの尖塔(せんとう)が焼け落ちた。消防当局は16日午前10時(同午後5時)頃、「火全体が消し止められた」と発表。屋根の改修工事が進められており、現地メディアは溶接作業から火が出たとみて検察当局が調べていると報じた。

 現地メディアなどによると、屋根裏付近から出火。約1時間で尖塔は炎に包まれ崩壊した。

 ノートルダム寺院に近いセーヌ川の川岸には、深夜ながらパリ市民や観光客ら数千人が詰め掛け、紅蓮の炎を見守った。群衆の中からは、悲鳴のほか聖歌や祈りの言葉が聞こえ、大勢が涙を流した。

 屋根は3分の2が焼失した。関係者が「森」と呼ぶほどオーク材をふんだんに使って作られており、消防当局はこれが瞬く間に火勢が強くなった原因としている。

 一方で同寺院のシンボルであり、観光客も登れると人気が高い鐘楼は懸命の消火作業で焼失を免れた。出火時は閉館後で観光客らの被害はなかったが、消防隊員1人と警察官2人が負傷した。

 同寺院内には多数の貴重な文化財があったが、現在改修工事が行われているため、運び出されていたものも多かった。また、キリストが十字架に架けられた際に頭に被っていたとされる「いばらの冠」などは、炎が広がる前に消防隊員らにより運び出され無事だった。

【続きを読む】

  • 大規模な火災で建物のシンボルでもある尖塔が崩落するノートルダム寺院=パリ市内、AP
  • 2015年6月撮影のパリ・ノートルダム寺院(上)と、大火災後の16日撮影の同寺院(ロイター=共同)
  • 炎上する寺院を心配そうに見つめる人たち(AP)
  • ノートルダム寺院(大聖堂)の火災状況