2019.4.16 14:26

学生にMDMA合成させる 松山大教授を書類送検「勉強のためにやらせていた」

学生にMDMA合成させる 松山大教授を書類送検「勉強のためにやらせていた」

 麻薬研究者の免許がなかったにもかかわらず、合成麻薬「MDMA」を学生に作らせたり、別の麻薬を所持したりしたとして、四国厚生支局麻薬取締部が16日、麻薬取締法違反の疑いで、松山大薬学部の岩村樹憲教授(61)を書類送検した。捜査関係者が同日、明らかにした。

 捜査関係者によると、岩村教授は医療薬学科の教授で、危険ドラッグなどの薬物を研究。学生に合成させたことを認め「勉強のためにやらせていた」などと話している。

 書類送検容疑は2013年、学術研究を目的として麻薬の製造などを行える麻薬研究者の免許がなかったにもかかわらず、自身の研究室に所属している学生にMDMAを合成させるなどした疑い。指示を受けて合成に関わった当時の学生数人も書類送検した。合成したMDMAは見つかっていないが、大学の研究室から微量の、別の種類の麻薬が見つかった。

 松山大の溝上達也学長は「学生や保護者に多大なご迷惑をかけたことを心よりおわびする。再発防止策の検討を進めるとともに、捜査状況を確認した上で当該職員を処分する」とのコメントを発表した。