2019.4.16 16:01

トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】

トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】

  • トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】
  • トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】
  • トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】
  • トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】
  • トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】
  • トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】
  • トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】

 ■トヨタの市販EV本格戦略はC-HR/IZOAのEV 2車種から

 トヨタ、マツダ、デンソーと提携することで生まれた「EV C.A. Spirit」は、マツダの「一括企画」や「モデルベース開発」、デンソーの「エレクトロニクス技術」、トヨタの「TNGA」など、各社の強みを持ち寄ることで開発手法そのものを見直すとして2017年9月に共同技術開発契約を締結しました。

 さらにSUBARU、スズキ、ダイハツ、日野、いすゞ、ヤマハも加わり、同社から生まれた技術を使ったEVに加えて、マツダは独自開発EVも含めた複数のEVをリリースするとアナウンス済みです。トヨタも「EV C.A. Spirit」での開発を中心に、FCVの開発も進めながらEVの市販化、巻き返しを図っているのは周知の通り。

 そして、2019年4月16日に開幕した上海国際モーターショーにおいて、C-HR/IZOAの電気自動車(EV)を世界初披露しました。C-HR/IZOAのEVは、トヨタブランドとして中国初投入となるEVであり、2020年に販売を開始。

 トヨタは今回の「上海国際モーターショー」において、中国で初披露したC-HR/IZOAのEV 2車種を皮切りに、2020年代前半には、グローバルで10車種以上のEVの展開を予定しているそうで、同社が2017年12月に掲げた2030年「グローバル電動車販売550万台以上」の目標に向け、着実に電動車普及を進めていくとしています。

 ほかにも、中国初披露のRAV4ならびにアルファード/ヴェルファイアのハイブリッド車(HV)や、2019年3月から販売を開始したカローラ、レビンのプラグインハイブリッド車(PHV)、中国の研究開発拠点であるTMEC(Toyota Motor Engineering & Manufacturing (China) )で開発された「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト車「RHOMBUS」など、様々な電動車を披露されています。

 燃料電池自動車(FCV)についても、トヨタ副社長の吉田守孝氏は、「2017年から中国で燃料電池車MIRAIの実証実験を開始しており、そのほか、FCコースターの中国導入など、様々な検討を進めていきます」とコメントしていて、FCVの開発を中国でも推進していることを強調。

 なお、2018年11月の「中国国際輸入博覧会」では、「e-Palette」をはじめとした「電動化、知能化、情報化」を活用し、人々の生活を支える「新たなモビリティ」を提案済みです。これらの新たなモビリティは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会において活用される予定。トヨタは、北京2022オリンピック・パラリンピック冬季競技大会では、東京2020で得た知見を活かし、国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会、北京オリンピック・パラリンピック冬季競技大会組織委員会と連携の上、大会の成功に向けて尽力していきたいとしています。 (塚田勝弘)