2019.4.16 09:30(1/2ページ)

【ジャガー・I-PACE試乗】EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?

【ジャガー・I-PACE試乗】

EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?

【ジャガー・I-PACE試乗】EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?

【ジャガー・I-PACE試乗】EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?【拡大】

 ジャガー初のフルバッテリーEV(ピュアEV)であるI-PACEが日本に上陸しました。

 これまでのバッテリーEVは、テスラなどのEV専業メーカーが専用プラットフォームを使いEVに仕立ててきました。ほかにも、BMW i3、i8もEV化を見据えた専用プラットフォームを使っています。

 一方、世界で最も売れている日産リーフや三菱i-Mievなどの日本製のEVは、ガソリンエンジン車のプラットフォームを活用してEV化してきた例が多かったという現状があります。ここにきて、フォルクスワーゲンもEV専用プラットフォーム「MEB」を外販する計画を発表するなど、いよいよ量産メーカーもコスト削減に本腰を入れた感があります。

 ここでは、ジャガーI-PACEのボディサイズや居住性、積載性などをチェックしていきます。I-PACEもEV専用プラットフォームを使い、全長4695×全幅1895×全高1565mm、ホイールベース2990mmというディメンションが与えられています。全長4740×全幅1935×全高1665mm、ホイールベース2875mmのF-PACEと比べると、全長はI-PACEの方が45mm短いにも関わらず、ホイールベースは逆に115mmも長くなっています。

 つまり、全長が短くなりながらもロングホイールベース化により、タイヤが4隅に配されたショートノーズ、ショートデッキというスタイリングを実現。さらに全高も100mmも低くなったことで低く構えたスタイリッシュな外観となっており、SUVと4ドアクーペのクロスオーバーモデルのような印象を受けます。

【続きを読む】

  • 【ジャガー・I-PACE試乗】EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?
  • 【ジャガー・I-PACE試乗】EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?
  • 【ジャガー・I-PACE試乗】EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?
  • 【ジャガー・I-PACE試乗】EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?
  • 【ジャガー・I-PACE試乗】EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?
  • 【ジャガー・I-PACE試乗】EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?
  • 【ジャガー・I-PACE試乗】EV専用プラットフォームならではのディメンション、居住性や積載性は?