2019.4.12 05:03(2/2ページ)

NGT、現チーム“解体”し「1期生」と「研究生」で再出発 山口の今後は未定

NGT、現チーム“解体”し「1期生」と「研究生」で再出発 山口の今後は未定

NGT48山口真帆の事件経緯

NGT48山口真帆の事件経緯【拡大】

 理由の一つは各チームの人数不足。AKBグループの各チームは16人を目安に編成されているが、NGTは昨年7月に2チーム制となってから宮島亜弥(21)や高橋真生(17)が卒業。現在、両チームとも16人には届かず、公演時はチーム間でメンバーを貸し借りしたり、研究生で補ってきた。

 また、一度体制をリセットしてメンバー一丸となり、改めてやり直したいというメンバーの意志もあった。その背景には山口の事件が関係する。

 昨年12月に山口が男性2人に暴行され、今年1月に自ら公表。AKSは2月、原因究明を行うために第三者委員会を設置し、3月には同社幹部が記者会見を開いて調査結果を報告したが、山口が会見中にツイッターで異議を唱えるなどした。

 これを受け、新潟県が広告契約の継続を保留。新潟市やJR東日本も続き、テレビやラジオのレギュラーも消滅した。

 公式サイトでは千秋楽公演の出演メンバーについて「決定次第ご案内申し上げます」と説明。関係者によると、山口を含む既存メンバーが辞めることなどはないというが、山口は現在、事実上の活動休止状態だ。

 グループとしての具体的な解決もないままリスタートするNGTが、ファンの信頼を取り戻せるか注目される。

  • NGT48の山口真帆