2019.4.11 14:31

入院の高須院長「肺炎一歩手前の気管支炎。ラッキーなう」診断結果を明かす

入院の高須院長「肺炎一歩手前の気管支炎。ラッキーなう」診断結果を明かす

高須克弥氏

高須克弥氏【拡大】

 10日にせきが止まらないなどの体調不良で入院した美容外科、高須クリニックの高須克弥院長(74)が自身のツイッターを更新し、診断結果について明かした。

 10日夜、読者からの間質性肺炎を疑う指摘をリツイートした高須氏は「鋭い! 実はそれを恐れてました」としながらも「検査結果は違っていました。肺炎一歩手前の気管支炎。ラッキーなう」と診断結果に安堵した様子だった。

 さらに高須氏は11日朝、「体調快復してきました」と快方に向かっていることを報告したものの、「前回の入院のときは病院脱出して手術に来ましたが、まだ脱出も無理です」とつづり、「明日の僕の診察と手術はキャンセルさせていただきます。予約患者様にお詫びします。申し訳ありません」と詫びた。