2019.4.10 05:02

宮沢りえ、“娘”南沙良と交わすポッキー1本分のハグ!新CMで共演

宮沢りえ、“娘”南沙良と交わすポッキー1本分のハグ!新CMで共演

春の公園へピクニックに出かける仲良し母娘を演じた宮沢(左)と南

春の公園へピクニックに出かける仲良し母娘を演じた宮沢(左)と南【拡大】

 女優、宮沢りえ(46)と南沙良(16)が母娘役で出演する江崎グリコ「ポッキー」のCMシリーズ最新作「おでかけ」篇が、12日から全国でオンエアされる。

 ポッキー1本を食べるのにかかる時間をひとつの単位として、「ポッキー何本分」の時間で親子の会話やコミュニケーションを後押しするCMシリーズの最新作。「母と娘の久々のおでかけ」をテーマに、母役の宮沢と娘役の南が春の休日に公園へピクニックに出かける姿を描く。

 小さな女の子が「ママー!」とうれしそうに抱きついている仲良し親子を目撃した宮沢が、小さかった頃の娘を思い出し、南に「おいで!」と両手を広げ、久々のハグをリクエスト。「え?」と戸惑う娘は、「ポッキー1本分だけ」と母に優しく声をかけられるが、人前では恥ずかしいのか、代わりにポッキーを母の口元に差し出すほっこりした内容だ。

 南のかわいらしいリアクションや照れ隠しに取った行動は必見だ。

 同CMシリーズは、動画サイト、YouTubeで累計2000万回以上再生されるほど人気で、新作にも注目が集まる。CMソングは引き続きB’zの「マジェスティック」が起用されている。

  • 春の公園へピクニックに出かける仲良し母娘を演じた宮沢(左)と南