2019.4.10 04:00(1/2ページ)

RADWIMPS×新海誠監督「君の名は。」最強タッグ3年ぶり復活!

RADWIMPS×新海誠監督「君の名は。」最強タッグ3年ぶり復活!

RADWIMPSの左から武田祐介、野田、桑原彰

RADWIMPSの左から武田祐介、野田、桑原彰【拡大】

 ロックバンド、RADWIMPSが、新海誠監督(46)の最新作「天気の子」(7月19日公開)で全ての音楽を担当することが9日、分かった。2016年公開の「君の名は。」で社会現象を巻き起こした最強タッグが3年ぶりに復活。10日、同バンドによる主題歌「愛にできることはまだあるかい」を使用した「天気の子」の予告編が解禁され、大ヒットへの序奏となる。

 国内観客動員数1928万人、国内興収250・3億円、全世界興収約400億円-。「君の名は。」は邦画史に残る大ヒットに。呼応するようにサントラ盤は55万枚を突破、主題歌の一つ「前前前世」は150万ダウンロードを記録した。

 社会現象の立役者ともいえる新海監督とRADWIMPSの必然ともいえる再タッグ。きっかけは同作の公開からちょうど1年になる2017年8月26日、新海監督が書き上げたばかりの「天気の子」の脚本をRADWIMPSのボーカル、野田洋次郎(33)にメールで送ったことに始まる。

 新海監督は「この脚本から洋次郎さんの頭の中にどんな音が聴こえてくるのかを個人的にどうしても知りたかった」と説明。野田が「喜んで読ませていただきます」と快諾し、RADWIMPSが音楽監督を務めることに。前作同様に脚本の段階から密にミーティングを重ねているが、「お互い初めましての気持ちでやりましょう。もっと面白いものを」と妥協のない作業が現在も続いている。

【続きを読む】

  • 最新作「天気の子」を手掛ける新海誠監督
  • アニメ映画「天気の子」のポスター(C)2019「天気の子」製作委員会
  • RADWIMPS全国ツアー日程