2019.4.4 05:02

ピエール瀧被告、4日に保釈される見通し 弁護人が東京地裁に請求

ピエール瀧被告、4日に保釈される見通し 弁護人が東京地裁に請求

ピエール瀧被告

ピエール瀧被告【拡大】

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたテクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧被告(51)の弁護人が3日、東京地裁に保釈を請求した。

 勾留先の警視庁東京湾岸署には報道陣約100人が集結したが、この日は保釈されず。地裁が請求を認め、瀧被告側による保釈保証金の納付など必要な手続きが完了すれば、4日にも保釈される見通しだ。

 4日に瀧被告が降板した映画「居眠り磐音」(5月17日公開)のイベント、5日に同被告の出演映画「麻雀放浪記2020」の初日舞台あいさつがそれぞれ東京都内で行われる。

 また、電気グルーヴの相方、石野卓球(51)は3日に更新したツイッターでフォロワーの「なんで瀧を卓球さんが救わなきゃいけないの(笑)?」という投稿に対し、「瀧が卓球を救うべきなのにね」と寂しげにつぶやいていた。