2019.4.3 05:02

布施明、声帯ポリープ手術へ 3日スタート新番組司会も出演見送り

布施明、声帯ポリープ手術へ 3日スタート新番組司会も出演見送り

今月中旬以降にポリープの除去手術を受ける布施明

今月中旬以降にポリープの除去手術を受ける布施明【拡大】

 先月初旬に声帯ポリープを公表した歌手、布施明(71)が、今月中旬以降にポリープの除去手術を受けることが2日、分かった。

 所属事務所や関係者によると、14日の全国ツアーファイナルの大阪公演後、東京都内の病院で受ける予定で、術後はしばらく静養するという。当初は手術を受ける病状ではなかったが、普通に会話する状態でも喉に負担がかかるようになり、ポリープ除去を決断した。

 布施は3日スタートのBS朝日の歌謡番組「日本の名曲 世界の名曲 人生、歌がある」(水曜後7・0)の司会に決まっていたが、手術のため療養期間中は出演を見送ることが決定。歌手の命とも言える声帯にメスを入れることから大事を取った。

 同番組も2日夜に公式サイトで「治療を最優先してもらい、一日も早く回復される事をスタッフ一同願っています」とコメント。布施の回復を待ちつつ、療養中の司会は複数の出演歌手が交代で務め、3日の生放送3時間スペシャルでは、石川さゆり(61)、千昌夫(71)、吉幾三(66)が担当する。

 布施は術後のリハビリを経て、令和元年がスタートする5月からの仕事復帰を目指す。