2019.4.2 22:04

布施明、BS朝日の歌謡番組出演を見送り 声帯ポリープの治療を優先

布施明、BS朝日の歌謡番組出演を見送り 声帯ポリープの治療を優先

布施明

布施明【拡大】

 声帯ポリープと診断された歌手、布施明(71)が、3日から司会を担当する予定だったBS朝日の歌謡番組「日本の名曲 世界の名曲 人生、歌がある」(水曜後7・0)の出演を当面見送ることが2日、分かった。

 番組公式HPがこの日夜、「ご本人の治療を最優先してもらい、3日以降、療養期間中の間は、番組への出演を見送る事としました」と発表。「一日も早く回復される事を番組スタッフ一同願っています」としている。本人や所属事務所と協議を重ねた結果の判断とみられる。

 当面は布施の回復を待ちつつ、出演者の中から司会者を交代で複数立てて放送予定。3日の初回は3時間の生放送で、石川さゆり(61)、千昌夫(71)、吉幾三(66)が務める。

 布施は先月3日の山形公演後、のどの不調を訴え、声帯ポリープと診断されていた。現在、全国ツアー中のため、14日に大阪・フェスティバルホールで開くファイナルには出演する。