2019.3.30 22:41

辻希美と加護亜依、13年ぶり共演に感涙「感無量」 人気デュオ「W」一日限り復活

辻希美と加護亜依、13年ぶり共演に感涙「感無量」 人気デュオ「W」一日限り復活

「ひなフェス2019」で13年ぶりに共演し、W(ダブルユー)を復活させた元モーニング娘。の辻希美(右)と加護亜依=千葉市

「ひなフェス2019」で13年ぶりに共演し、W(ダブルユー)を復活させた元モーニング娘。の辻希美(右)と加護亜依=千葉市【拡大】

 元モーニング娘。のタレント、辻希美(31)と加護亜依(31)が30日、千葉・幕張メッセで行われたハロー!プロジェクト公演「ひなフェス2019」で13年ぶりに共演。人気デュオ、W(ダブルユー)を一日限りで復活させた。

 ハロプロ20周年企画で夢のコラボが実現。4期の同期メンバーの2人はWとミニモニ。をイメージしたミニスカ衣装で登場し、W時代の「ロボキッス」を熱唱。2人で「リーダーの辻希美とサブリーダーの加護亜依、2人合わせて、Wで~す!」とおなじみの自己紹介を四方に向けて披露し、5000人の大歓声を浴びた。

 2人の共演は06年1月以来、13年ぶり。昨年8月に加護が12年ぶりにハロプロ公演に出演したが、当時は辻が第4子妊娠中だったため、共演はかなわなかった。

 それだけに喜びもひとしおで、辻が「あいぼん、久しぶり! ついに来たね」と話しかけ、ステージ上できつくハグ。加護も「来たね。今日は楽しみましょう」とほほえみ、「Missラブ探偵」をパフォーマンス。その後はアンジュルムの上國料萌衣(19)、船木結(16)を加えてミニモニ。の「ミニモニ。ひなまつり!」「ラッキーチャチャチャ!」を歌い踊り、辻は147センチの船木に向けて「これからもミニモニ。を受け継いでほしいなと思います」と呼びかけた。

 最後は2人のモー娘。卒業公演で一緒に歌った「I WISH」を現役メンバーと披露し、加護が堪えきれず涙。3月30日は19年前に4期がオーディションに合格した記念日で、辻も「あの日から19年、ジーンとします。同じ日にステージに立てるのは本当にありがたいと思います」と加護の背中に手を添え、感涙した。

 終演後にはそれぞれSNSを更新し、ツーショット写真を掲載。

 辻は「辻加護(ダブルユー)13年ぶりの復活!! ひとまず本番を無事終えて…ホッとした自分と、あっという間に終わっちゃった…って寂しく思う自分もいますが、、うん…めっちゃくちゃ楽しかったです 感無量!!」と満喫した様子。加護も「今日という日を迎えられたのはずっと応援してくれた皆さんのおかげです。ありがとうございました」と感謝をつづっている。

  • 「ひなフェス2019」でモーニング娘’19と「IWISH」を披露し、涙を流す元モー娘。の加護亜依(左から3人目)と辻希美(同4人目)=千葉市