2019.3.28 05:00

古舘伊知郎、母校・立大経済学部客員教授に就任

古舘伊知郎、母校・立大経済学部客員教授に就任

特集:
女子アナ
芸能 母校の立教大経済学部の客員教授に就任するフリーアナウンサーの古舘伊知郎=東京・池袋

芸能 母校の立教大経済学部の客員教授に就任するフリーアナウンサーの古舘伊知郎=東京・池袋【拡大】

 フリーアナウンサー、古舘伊知郎(64)が4月から母校の立教大経済学部の客員教授に就任することになり、27日、東京・池袋の同校で会見した。

 言葉などをテーマに、2年生以上の全学部共通科目「現代社会における言葉の持つ意味」を週1回担当。1977年に卒業した母校には式典の司会などでたびたび凱旋してきたが、初めて教壇に立つことになり、「テレビ朝日が乃木坂46を卒業したメンバー(斎藤ちはる)を新人女子アナとして採用し、羽鳥(慎一)君の横で『モーニングショー』をやるというニュースを見て、立教が俺を呼ぶのはそれに近いなと思いました」と古館節でサプライズ起用だったことを告白。一方、勉強をあまりしなかったという大学時代を振り返り、「名目は卒業したけど、実質は卒業していないのでもう一度母校に呼び戻された感覚があります」としみじみと話した。

 学生からの呼び方については、「古舘先生と呼ばれたくない。伊知郎ちゃんでもいい。おちょくっている感じで“古舘大先生”と呼んでもらいたいです」。自身のトークライブでは何時間もノンストップで話し続けており、授業時間100分の制限がある中でブレーキをかけられるかどうかには「不安です」と吐露。「学生にホイッスルを吹いて合図してもらいたいです」と笑わせた。