2019.3.25 19:30

教え子と女子生徒と抱き合い停職 山梨の県立高教諭

教え子と女子生徒と抱き合い停職 山梨の県立高教諭

 山梨県教育委員会は25日、教え子の女子生徒と抱き合ったとして、県立高で保健体育を担当していた50代の男性教諭を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。教諭は同日、依願退職した。

 県教委によると、教諭は昨年10月から今年1月までの間、車や商業施設の中で女子生徒と3回抱き合った。女子生徒が自ら撮影した動画や静止画が友人を介してインターネット上に拡散。今月7日に別の生徒が学校側に伝えて発覚した。

 教諭は昨年6月ごろから学校生活に関する相談を受けていたといい、事情聴取に「女子生徒を励ますつもりだった。軽率な行動をおわびしたい」と話したという。

 県教委高校教育課の広瀬浩次課長は「服務規律の徹底を図り、信頼回復に努めたい」とのコメントを出した。