2019.3.25 03:30(1/2ページ)

森昌子、家族に仲間に支えられた47年 心強い味方だった「花の中三トリオ」

森昌子、家族に仲間に支えられた47年 心強い味方だった「花の中三トリオ」

中学1年生のとき、日本テレビ系オーディション番組「スター誕生!」で初代グランドチャンピオンになり、13社から入札のプラカードが挙がる(右は司会の萩本欽一)=1971年

中学1年生のとき、日本テレビ系オーディション番組「スター誕生!」で初代グランドチャンピオンになり、13社から入札のプラカードが挙がる(右は司会の萩本欽一)=1971年【拡大】

 歌手、森昌子(60)が年内いっぱいで引退することが24日、分かった。サンケイスポーツを通じ「還暦を迎え、人生の残された時間を、もう少し穏やかな中で充実させたいと思いました」とファンにメッセージを寄せた。

 抜群の歌唱力を武器に、13歳でデビューするや一気にスターダムへ駆け上がった森昌子。人気絶頂で結婚し、離婚…。生活のために芸能界へ復帰し、音楽のみならず、バラエティーでも大活躍する復活を遂げた。歌手人生は波瀾(はらん)万丈ながら、家族や友人に支えられた47年だった。

 歌手になるきっかけはNHK「のど自慢」で優勝したこともある父、常夫さんの影響だった。3歳から父の英才教育で流行歌を覚えて歌う毎日。中学1年のとき、叔母が勝手に応募していた日本テレビ系オーディション番組「スター誕生!」の予選を受け、最終選考の10人に残った。

 父から「昌子がテレビで歌えるわけがない」と猛反対される中、叔母とテレビ放送がある審査会場へ。都はるみの「涙の連絡船」を熱唱し、初代グランドチャンピオンに輝く。レコード会社、芸能プロダクション合わせて13社から入札希望のプラカードが挙がった。

 レコード会社は作曲家、遠藤実さんが社長を務めるミノルフォンに所属した。芸能界入りに反対していた父が、デビュー曲「せんせい」の歌い出し♪淡い初恋-の「あ」が聴こえないと、録り直しを要求するほどのこだわりを見せ、同曲を作曲した遠藤さんと父が意気投合。父親の愛情に包まれての船出だった。

【続きを読む】

  • 森昌子の歩み
  • 【森昌子、思い出写真館】3歳の時、父と=1962年撮影
  • 【森昌子、思い出写真館】高校の卒業式で母親と=1977年撮影
  • 【森昌子、思い出写真館】「越冬つばめ」で日本レコード大賞最優秀歌唱賞=1983年撮影
  • 【森昌子、思い出写真館】復帰会見=2006年撮影
  • 【森昌子、思い出写真館】還暦コンサートでセーラー服姿=2018年10月撮影