2019.3.24 16:01

島津悦子が故郷、鹿児島・南大隅町の新たなパワースポット、佐多岬をPR

島津悦子が故郷、鹿児島・南大隅町の新たなパワースポット、佐多岬をPR

新しい“パワースポット”をPRする島津悦子=鹿児島・南大隅町

新しい“パワースポット”をPRする島津悦子=鹿児島・南大隅町【拡大】

 昨年10月に新曲「長崎しぐれ」を発売した演歌歌手、島津悦子(57)が24日、生まれ故郷の鹿児島・南大隅町で開催された「佐多岬グランドオープン記念式典」に出席した。

 同町の森田俊彦町長(59)とともにテープカットに参加した島津は「佐多岬からの景色は最高。NHK大河ドラマ『西郷どん』のオープニングで使われたパワースポットでも有名な雄川の滝もあり見どころ満載です」と笑顔でPR。

 島津は薩摩大使、南大隅町交流大使にも任命されており、「新しいパワースポットとして、風光明媚な佐多岬に是非おじゃったもんせ(=いらっしゃいませ)」と地元の言葉で呼びかけた。

 佐多岬は霧島錦江湾国立公園内本土最南端に位置しており、平成24年から環境省、鹿児島県、南大隅町によって整備が進められてきた。この日も気温16度という絶好の行楽日和となり屋久島、種子島がくっきりと見える絶景に観光客は大喜びしていた。