2019.3.24 04:00

ACE OF SPADESが激熱コラボ!TERUら登場に“悲鳴”

ACE OF SPADESが激熱コラボ!TERUら登場に“悲鳴”

雪が降る札幌で超豪華コラボを披露した左からHISASHI、TAKURO、TAKAHIRO、TERU。千秋楽でのサプライズ演出にファンは歓喜した=札幌市中央区

雪が降る札幌で超豪華コラボを披露した左からHISASHI、TAKURO、TAKAHIRO、TERU。千秋楽でのサプライズ演出にファンは歓喜した=札幌市中央区【拡大】

 EXILEのボーカル、TAKAHIRO(34)とGLAYのギター、HISASHI(47)らによる4人組ロックバンド、ACE OF SPADES(AOS)が23日、札幌市のZepp Sapporoで初全国ツアーの最終公演を行った。

 約2000人の“AOSコール”で沸くアンコール。GLAYのボーカル、TERU(47)とリーダーのTAKURO(47)がサプライズで登場すると、会場は興奮のるつぼと化した。

 TAKAHIROは「GLAYとEXILEの自分が好きな2大巨頭がコラボするなんて夢にも思わなかった」と感激。TERUも「ヤバイっすね」と笑顔満開だ。

 2005年に結成した期間限定ユニット、GLAY×EXILEの楽曲「SCREAM」やEXILEの「Rising Sun」、GLAYの「グロリアス」を初セッション。アリーナやドームクラスの会場で公演を行う2大グループが、2000人規模のライブハウスで共演するのは極めて異例で、札幌に降る雪をも溶かすような熱いメンバーの一挙手一投足にファンは歓喜した。

 12年にデビューしたAOSにとって7年越しのツアー(5都市7公演)の千秋楽では、代表曲「Vampire」など17曲を熱唱。TAKAHIROは「またGLAY×EXILEで『SCREAM』を披露したい」と再タッグを熱望した。

ACE OF SPADES(エース・オブ・スペーズ)

 ボーカルのTAKAHIRO(EXILE)、ギターのHISASHI(GLAY)、ベースのTOKIE(元RIZE)、ドラムのMOTOKATSU(THE MAD CAPSULE MARKETS)の4人組。2005年のコラボユニット、GLAY×EXILEを機に企画され、12年6月、雑誌「月刊EXILE」でプロジェクトを発表し、同8月にシングル「WILD TRIBE」でデビュー。今年2月に初アルバム「4REAL」を発売。バンド名は英バンド、モーターヘッドの楽曲に由来し、「切り札」の意味もある。

  • 左からHISASHI、TAKURO、TAKAHIRO、TERU
  • 左からHISASHI、TAKAHIRO