2019.3.24 11:12

指原莉乃、NGT山口真帆の暴行問題に憤り「納得していない」

指原莉乃、NGT山口真帆の暴行問題に憤り「納得していない」

特集:
HKT48
指原莉乃

指原莉乃【拡大】

 HKT48の指原莉乃(26)が24日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演し、昨年12月に暴行被害を受けたNGT48の山口真帆(23)についてグループを運営するAKSが21日に行った第三者委員会による調査結果報告会見に「納得していない」と憤りをあらわにした。

 指原は「会見を見ていて、結局、納得いかない。私はNGTのメンバーと関わりはないので、どう思ってるかはわからないけど、私の周りは『なんでこうなってるんだろうね』って話している。全員納得はしていない」と、AKSの対応に不満を表明。「私は第三者委員会の存在がよくわかっていない。AKSが依頼したからAKS寄りの意見になってしまうんじゃないか」と疑問を呈した。

 「これで終わりで、解決したと会社が思っちゃいけない。終わらせたらいけない。本人が納得するまで(やらないと)」と“再調査”を進言し、「先日、何人かの会社の人間にこのままで終わるんですかと言いました。第三者委員会が動いてるから待ってほしいと言われて、これだった。ちょっと何かしないと」と自らも騒動収束に動く可能性を示唆した。

 指原は前日の23日に自身のツイッターで「明日ワイドナショーに出演します。グループの件についても自分の感じたこと思ったことをオープニングですが、お話ししました」と予告。「メンバーの中にも何を呟いたらいいかわからない後輩がたくさんいると思います。それが一番悔しいです。モヤモヤせずにみんなが、まほほん(山口)が、アイドルしてほしいです」と心境を明かしていた。