2019.3.23 05:00

食べ歩き自粛条例、鎌倉市が4月施行 混雑時の苦情相次ぎ

食べ歩き自粛条例、鎌倉市が4月施行 混雑時の苦情相次ぎ

 神奈川県鎌倉市議会は22日、観光客らで混雑する場所で歩きながら食べる行為の自粛などマナー向上を求める条例を可決した。市民から「観光客とすれ違う際にソフトクリームや団子のたれで服が汚れる」との苦情が相次いでいた。罰則はなく飲食店に販売規制もない。市によると、全国でも珍しい条例で4月から施行する。

 鎌倉市の年間の観光客は約2000万人に上る。苦情が多いのは、JR鎌倉駅から鶴岡八幡宮の間にある「小町通り」や、鎌倉大仏で知られる高徳院から最寄りの江ノ島電鉄長谷駅までの歩道。